スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

たまゆら もああぐれっしぶの感想

 前々から興味があった、水道橋博士のメルマ旬報を購読してみたら、どの記事も
面白く、電車の行き来はソニーのタブレットで読書する時間になったので、アニメを見る時間が
減ってしまったので、今頃ようやく夏アニメを最後まで見ています。

 という事で途中まで見ていたたまゆら・もああぐれっしぶをようやく最後まで見ました。
 残念な事に、1期に比べるとやっぱり泣かせようとする意図が見え見えで逆に感動できなくなっていた。
 特に最終回の、亡くなった父の誕生日を毎年行っているという話は、私からすれば逆にホラーに見えたよ。
 いつまで故人を引きずっているんだよと思った。
 全体的に亡くなった父の悲しみを乗り切って未来へと進むお話なのに、泣かせる要素の
ほとんどが父との思い出話だから、全然亡くなった父の悲しみを乗り越えてないじゃねーか
と思ってしまう。
 2期は、かなえ先輩以外の、友だち3人がほとんど楓のYESマンの役割しか担って
いなかったから、もう少し友だちとの現在進行形の話も入れるべきだろと思った。
 唯一、父との学生時代の友人が久しぶりに竹原に戻ってくるお話だけは素直に感動できた
のは、その父の友人の方と父との距離感の方が自然に見えたからだと思う。
 という事で、たまゆら・もああぐれっしぶの私の点数は65点です。
 楓達が卒業するまで描きたいとスタッフ陣は思っているみたいなので、3期をするなら
いい加減父との話を減らして、もう少し未来に目を向けた話を描いてほしいと思った。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
訪問者数
line
プロフィール

bensuke

Author:bensuke
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
リンク
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。