スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

PSVRをプレイした長文感想

 ものすごく久しぶりにブログを更新します。ブログからツイッターほぼ完璧に移行してしまいました。ツイッターの
お手軽さと、同じようにツイッターをしている人同士のつながりやすさになれてしまうと、10年近くブログを
時間をかけて、書いてきたのに、何の交流も生み出すことができなかった私のブログから足が遠ざかるのも
仕方がないかなと思います。(まぁ私の文才と毎日更新する生真面目さがなかっただけですが)

 ツイッターに移行して、一番変わった事が、趣味が大きく変わった事です。現時点で一番熱を入れている趣味が
相変わらずのアイドルマスター全般とそして生大喜利に参加することです。3番目がメルマ旬報+読書。4番目が
ラジオ。5番目がアニメ。6番目にゲームです。昔は暇さえあればゲームをプレイしていたのに、今では1週間に
1時間程度しかプレイしないのが当たり前の日々を送るぐらいゲーム熱が冷めていたのですが、私がPS4を
購入した時に、PSVRでいずれ必要になるからという理由でわざわざPS4をカメラ付きで購入したのですが、
そのPSVRがついに今日発売されました。

 ずっとこの日を待ちわびていたので、発売日にすぐにゲットして、4時間近くプレイしたので、久しぶりに
ブログで感想を書きます。

 まずは箱を開けて、配線を行いました。事前に動画を見た時には、ややこしくなって途中で見るのをやめたので、
大丈夫かなと思ったけど、説明書がものすごくやさしく書かれているし、箱も迷わないようにしてくれていたので、
30分ほどで配線作業が完了しました。

 最初はやっぱりシンデレラガールズライブレボリューションからプレイしました。3曲しかないし
見るだけだからすぐに終わるので、コスパだけを考えたら2480円は高いと思う。けどアイマスPとしては、
こういう最先端技術に真っ先に飛びつく姿勢は、課金という形でしっかりと応援したくなります。
 きっとアーケードや360版アイマスで唄って踊るアイドル達を見た古参P達も同じ気持ちだったと思います。

 1回目のプレイの時は、スフィアを充電するのを忘れていたので、PS4のコントローラーで
視点変更だけしてライブを見ました。それだけでもアイドル達が目の前に来て歌って踊るシーンを堪能できるだけでも
かなり興奮できたけど、2回目のプレイで心を馬鹿にして他のお客さん達と一緒になってスフィアを振って応援したら、
1回目よりも10倍ぐらい興奮した。スフィアを振るという行為が一つ加わるだけでこんなにも没入感が増すことに
驚きました。
 特に新曲の「Yes! Party Time!!」で、大さび前に観客がウェーブをするシーンになると、自然と首を横にしてウェーブが
くるタイミングを計らって、腕を振ってしまっている事に驚いてしまいました。

 さすがに現実のライブでさえサイリュームを別途買わない人間なので、アイドル個別サイリュームのDLCは買わないけど、
早いところ追加楽曲のDLC配信はして欲しいなと思いました。

 もう少しライブ感ならではの迫力が欲しいとは思うけど、ここからどんな感じにパワーアップしていくのかがとても
楽しみになりました。

 次は、サマーレッスンをプレイした。最初に驚いたのは、喫茶店の作りこみ。360度きちんと舞台を作っているから、
周りを見るだけで、脳みそが今私は喫茶店にいると勘違いしてしまう感覚がすごい。
 昔ナムコがPSPでポータブルアイランドという南の島でのんびりと遊ぶ事をコンセプトにしたゲームを出していたけど、
VRにうってつけの題材なんじゃないかなと思った。

 次のシーンで宮本ひかりちゃんの部屋に移動したけど、これまた部屋の作りがスポーツ大好き女の子のイメージで
作られていて、周りを見るだけで、ひかりちゃんの部屋の中にいると錯覚してしまう。
 
 そしてやっぱり一番驚いた所は、ひかりちゃんの実在感。これはゲーム画面だけ見てもまったく伝わないのがもどかしいけど、
PSVRでプレイしたら、本当にひかりちゃんが隣にいると感じてしまう。これを感じれるだけでもお金を払う価値があると
思う。そのうえちょっと無防備な女の子設定で、かすかに見える胸の谷間やら、ものすごく近くまで顔を近づけてくれたりと
ただのCGだと分っていても、思わず顔を少し横に向けてしまいたくなる感覚が味わえるのがすごいな思った。

 ゲーム自体は、ものすごくシンプルな、どんな授業、どんな会話をするのかを選択するだけのシンプルな作りだから、
奥深くはないと思うけど、VRの魅力が端的に味わえるゲームになっていると思います。

 3本目は、体験版でプレイしたRez。PS2版でプレイしたことがあるし、値段もちょっと高いのでまだ買わなくても
いいかなと思って、まだ体験版しかプレイしていませんが、まるで最初からVR専用で企画が作られていたのかなと
思うぐらいVRの360度、どこでも見ることができるグラフィックのおかげで、ゲームへの没入度が半端なく
上がっている。だからPS2でプレイした時よりも、よりトランス状態になりやすいです。PS2の時は、後ろに
まわった敵に対してはボタンを押して方向を後ろにしないといけなかったのが、PSVRだと首を180度向けたら、
敵が見えるのが、当たり前なんだけど、よりプレイヤーと自分とのシンクロ率が高くなったような気がして
すごかった。これもお金ができたら製品版を買おうと思います。

 そして一番期待していたシネマティックモードでアイドルマスターのライブBDも見てみました。これが想像よりも
すごかった。一番大画面にしてみてみたら、本当に映画館に行ってライブビューイングを堪能している大きさで
ライブを楽しめてしまうのがすごい。あまりの大きさに二人が歌っていても、首を傾けてどちらか1人に焦点を
あわさないといけないぐらいの大画面で堪能できてしまうのがすごい。

 これまたまるで目の前で等身大のアイマスガールズのみんながライブしてくれていると思えるぐらいの大迫力で
楽しめるのが、今までに味わったことがない感覚ですごかった。

 ライブ映像みたいに、どこか一部分を集中してみるタイプの映像だったら一番大きいサイズで見るのがいいと思いますが、
PS4のゲームをプレイするときには、全画面をきちんと把握できる中ぐらいのサイズの方がいいと思います。大画面で
ダライアスバーストをプレイしたら、弾がどこから飛んでくるのかが把握できずに、すぐにゲームオーバーになってしまったので。

 PSVRに関しての総評としては、ゲームの映像表現がドットからポリゴンに変わった時と同じぐらいの大変化がPSVRに
よって生まれるのではないのかなと思うぐらい、すごいVRを堪能できるのがすごいです。ただそれと引き換えに、解像度が
少し低くなっているので、その点に関して批判的な意見もありますが、個人的には、解像度の低さよりも、VRの没入度の
方がすごいと感じたので、あんまり欠点にはならないかなと思います。どうしても気になる人向けに、PS4proも
発売されますしね。さすがに私は、まだ4Kテレビを持っていないし、お金もないのですぐには、買えないですが、PS4pro
によって、どれぐらいPSVRをプレイした時の解像度がよくなっているのかの評判しだいによっては、4Kテレビを買った後に、
PS4proも買うかもしれないなと思います。

 ただゲームだけが目当てだったら、まだ一発芸的な短時間しか遊べないゲームがほとんどなので、まだすぐに買わなくて
いいかなと思いますが、私みたいに、シネマティックモードが目当てだったら、いますぐに買っても損はないと思います。これも
フルハイジョンで見るよりかは解像度は低くなりますが、それよりも大画面で映像を堪能できるすごさの方が軽くうわまっている
ので、そこまで解像度の低さは気にならなかったです。
 
 このVRが盛り上がったら、絶対に面白いことになると思うので、全世界レベルで普及してもらいたいです。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
訪問者数
line
プロフィール

bensuke

Author:bensuke
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
リンク
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。